タグ:韓流

  • 第3次韓流ブームはいつまで続くのか

    現在は第3次韓流ブームだと言われる。『冬のソナタ』の放送から始まった2003年頃からの人気が第1次、東方神起と少女時代とKARAが目立った2011年頃のK-POPのブームが第2次、そして、BTS(防弾…
  • 朝日新聞が報じた「韓流で賑わう新大久保」!

    朝日新聞の夕刊で「平成はいま」という連載シリーズが掲載中だが、12月22日付けの夕刊では「韓流ブーム」を取り上げていた。韓流ファンで賑わう新大久保を取り上げた記事だが、掲載された写真を通して韓流ブーム…
  • 新大久保でいま一番注目のヘルシーなグルメとは?

    JR新大久保駅から徒歩5分、大久保通りに面した韓流ショップの2階に「くるむ」がある。ランチタイムになると長い行列ができる。人が続々と集まってくるのは、この店の満足度がピカイチだから。 [capt…
  • 果たして韓流は復活したのか?

    最近の出版界で大きな話題になったのは、東方神起が表紙になった女性誌の売り上げが予想をはるかに上回って絶好調だったことだ。紅白歌合戦にもK-POPの枠が復活した。新大久保にも人が戻ってきた。今後の韓流は…
  • 超人気のチーズタッカルビを新大久保で食べてみた!

    活気を取り戻してきた新大久保。その原動力になっているのが、チーズタッカルビの人気だ。多くの店でチーズタッカルビをメニューに並べ、多くの客を集めている。なぜ、そんなにチーズタッカルビは人を引き寄せるのか…
  • 新大久保リポート!残念なコリアプラザの閉店

    新大久保の職安通りにあって、19年間オープンしていたコリアプラザが7月31日をもって閉店した。この店で、韓流関連の雑誌・CD・DVDやスターのグッズを買ったことがある人も多かっただろう。 [ca…
  • 噂の映画『暗殺』がついに日本初公開!

    昨年夏に韓国で公開されて観客動員数1270万人を記録した映画『暗殺』。植民地となっていた1930年代の京城(今のソウル)が舞台になっている。大きな話題となったのは、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ…
  • 日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編2)

    1607年、江戸時代に初めて来日した朝鮮通信使には、徳川家康に朝鮮国王の国書を渡すという重要な任務があった。彼ら一行が江戸をめざして東海道を進んで浜松に至ったとき、2年前に将軍職を息子の秀忠に譲った家…
  • 日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編1)

    広島の鞆の浦にある福禅寺からの眺めは、朝鮮通信使が「日東第一形勝」と絶賛していた。同じく朝鮮通信使が「東海の名勝」と称賛したのが、清見寺(せいけんじ)から見た駿河湾の景観だった。今はかなり風景が変わっ…
  • 朋道佳のイチオシ5『国際市場で逢いましょう』

    韓国の主要映画賞を総なめ! 今年は空梅雨と言われながらも、天は時折、きちんと恵みの雨を降らせてくれていますね。 6月も半ばを過ぎ…

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る