カテゴリー:韓流ライフ

  • 韓国ドラマを見ていると「方言」の違いが面白い!

    韓国ドラマを韓国語で見る楽しみの1つが方言だ。特に、釜山(プサン)出身の人がソウルに出てくる場面では、釜山のなまりが強烈で、思わずニコリとしてしまう。そこで、韓国の方言について見てみよう。 [c…
  • 韓国のテレビ局はどのように発展してきたのか

    韓国を代表する地上波のテレビ局といえば、KBSとMBCとSBSの3つ。経営スタイルはそれぞれ違う。KBSは公共放送、MBCは政府が出資して民間で運営する半官半民、SBSは完全な民間放送となっている。 …
  • 韓国で「ドラマを好きな理由」の一番は?

    韓国ドラマを見ていてよく思うのは、「1週間に2話連続で放送するというドラマの視聴スタイルは、作る側にとっては本当に大変だろうな」ということである。それでも、日本のように連続ドラマを週一で放送することは…
  • 韓国ドラマにはなぜ「バスに乗るシーン」がよく出てくるのか

    韓国ドラマをよく見ていると、停留所でバスを待っているシーンや、実際にバスに乗っている場面がよく出てくる。そのようにバスがからむシーンというのは、ドラマを作る上で欠かせないのだろうか。 &…
  • 炎熱の新大久保で身も心も燃えていく!

    連日の猛暑が続く日本列島。これだけ暑いと、さすがの新大久保も人出が少ないのかと思ったが、とんでもない。大久保通りを歩けば、歩道から溢れんばかりに人が集まっている。どんなに暑くても、出かけていきたいのが…
  • 日本の中年男性が旅先のソウルで実感したことは?

    中年男性3人が日本からソウルへ行った。なるべく韓国の日常を体験したかったので、飛び込みでソウルの韓式旅館に泊まり、裏通りの大衆食堂で食事をした。1泊して朝となり、3人で連れ立って銭湯へ行き、1時間ほど…
  • 酷暑の新大久保で冷麺を食べて生き返る!

    本当に暑い日々が続く毎日だが、新大久保は真夏でも大いに賑わっている。8月4日に訪ねてみれば、若い女性を中心に多くの人たちが新大久保で楽しい1日を過ごしていた。 [caption id="atta…
  • 韓国で日本の小説が売れる根源的な理由とは?

    東野圭吾の小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が、韓国で100万部以上も売れたことが7月25日に明らかになった。電子書籍版を入れると、合計で120万部を突破しているという。人口5000万人に過ぎない韓国では、異…
  • なぜ韓国人はこんなにも日本に来るのか

    2018年の上半期(1月~6月)に日本を訪れた外国人観光客は1589万8900人で、前年より15.6%アップした。外国人の内訳を見ると、圧倒的な人口を誇る中国人が405万6400人で1位なのだが、中国…
  • 韓国は日本のW杯16強をどう伝えたか

    FIFAワールドカップのロシア大会で、韓国は決勝トーナメントへの進出を逃したが、世界王者のドイツを2-0で破って世界を驚かせた。一方の日本は、グループリーグの最終戦でポーランドに0-1で敗れたが、かろ…

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る