カテゴリー:韓流ライフ

  • 韓国では夫婦なのに妻がなぜ夫をオッパー(兄さん)と呼ぶのか

    韓国ドラマを韓国語で見ているとわかります……夫婦の間でも妻が年上の夫をオッパー(兄さん)と呼んだりしています。結婚前の癖が抜けないのでしょうが、日本から見れば、ちょっと違和感があります。 …
  • 韓国の結婚式で引き出物を出さない理由とは?

    韓国の結婚式は日本から見ると「異例」です。基本的に招待状は出さず、電話やメール、友人を通しての伝言などで参列者が集まるケースが多いのです。したがって、新郎か新婦の知り合いであれば、誰でも出席できます。…
  • 新大久保を席巻しているタピオカ人気はどこまで続く?

    今や東京で若い女性が行きたいスポットとして「原宿」「渋谷」と同じような人気を集める新大久保。ここは、チーズタッカルビやアリランホットドックなどのブームを牽引してきたが、今はタピオカのブームが凄い。 …
  • 日本と違う韓国のビックリ37

    第37回 韓国を象徴する色といえば「赤」? サッカーの韓国代表の試合がソウルで行なわれると、スタジアムが赤一色に埋まります。韓国料理がズラリと食卓に並ぶと、真っ赤な色合いが目立ちます。このように、韓国を…
  • 日本違う韓国のビックリ36

    第36回 韓国のカラオケではアルコールが禁止? 韓国の人たちもカラオケが大好きだ。一緒にみんなで行くと、お得意のバラードを自己陶酔しながら歌っている人が多い。そんな韓国のカラオケだが、システムがかなり日…
  • 客にやりたいようにさせるのが韓国のお店の流儀?

    賑やかな街が好きで、東京でもあえて騒々しいところを選んで出掛けている。そんな物好きな私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)が過去を振り返って、「一番うるさい街だった」と断言するのがソウルの東大門(トンデムン)市…
  • 日本と違う韓国のビックリ35

    第35回 芸能人が影響を受けたブラックリスト事件 韓国では政治的な発言をする芸能人が少なくない。そうした世相の中で、2008年から9年間続いた強圧的な保守政権は、政府に批判的な姿勢を示した文化人と芸能人…
  • 韓国が「ドラマ大国」になった根本的な理由とは?

    テレビ局にすれば、制作費と手間がかかるドラマ作りは大変だ。しかも、バラエティ番組と比べて苦労も多い。それでも韓国のテレビ局はひたすらドラマを作り続けている。そのエネルギーはどこから来るのか。 …
  • 日本と違う韓国のビックリ34

    第34回 韓国で増えてきた「ランチタイムお見合い」とは? 日本も韓国も晩婚化の傾向が強く、それが少子化の原因にもなっています。さらに、結婚をしない人も増えていて、親はあせりを感じて息子や娘にお見合いを勧…
  • 日本と違う韓国のビックリ33

    第33回 日本の小説が韓国で一番人気がある [caption id="attachment_13077" align="aligncenter" width="298"] 韓国版の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』…

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る