カテゴリー:コラム

  • なぜ国民はあれほど怒ったのか/韓国の今を考える5

    朴槿恵(パク・クネ)と崔順実(チェ・スンシル)の事件では大規模なデモが何度も起き、国民の怒りが頂点に達しました。なぜあれほど国民は怒ったのでしょうか。その理由をさぐってみましょう。 大統領本…
  • 政治参加する韓国の女性たち/今の韓国を考える4

    あえて言うならば、韓国の女性は自主的な人が多いと思います。気が強いと言えるかもしれませんが、それよりは自分が主体になることを臆さないというのが当たっているでしょう。 15…
  • 特権階級の癒着問題/韓国の今を考える3

    朴槿恵(パク・クネ)と崔順実(チェ・スンシル)の事件によって、韓国の国民は「特権層がいかに腐敗しているか」をよく知るようになりました。ある意味で、この2人が不正を知る切っ掛けを作ったのです。しかし、ま…
  • 韓国の若者の世代的な特徴は?/韓国の今を考える2

    K-POPのスターを夢見る若者たちは、それ以前の若者たちと明らかに違う感性や価値観を持っています。そこで、最近の10代後半から20代前半の若者たちの世代的な特徴を考えてみました。 少子化の影…
  • 現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

    韓国は今、激変期と言えるでしょう。1953年に朝鮮戦争が終わってから、韓国はとにかく国を豊かにすることだけを目指して走り続けました。その結果、他の国と比べものにならないほど速いスピードで経済的な発展を…
  • 韓国におけるアイドルグループの作られ方

    韓国の芸能界では、K-POPの新しいグループが次々にデビューしている。この若者たちは、芸能界の育成システムの中で、どのように育てられているのだろうか。具体的な例を挙げて、そのシステムを考えてみたい。 …
  • 韓国で芸能界をめざすのはハードルが高すぎる

    「学歴偏重」という特徴を持った韓国社会では、かつては、芸能界にいる人たちは低く見られがちだった。そういう意味では、一昔前の芸能人はかなり生きづらい思いをしていたに違いない。しかし、今は芸能人を見る社会…
  • 大阪の鶴橋で今日もやたらと元気になる!

    「コリアンタウン」と聞けば、真っ先に東京の新大久保を思い浮かべる人が多いかもしれない。同時に、歴史と規模から言えば大阪の鶴橋もその名がピッタリくる場所である。ここに来ると、どこか懐かしくなり、さらに気…
  • 韓国の世論はなぜユンソナに厳しいのか

    日本のワイドショーでも大きく報じられたユンソナ問題。日韓両国でとても関心が高いニュースになっているが、韓国ではユンソナが強く批判され、彼女が何度も神妙に謝罪せざるをえない状況になっている。それでも世間…
  • 「外注制作はつらいよ」という韓国ドラマの制作状況!

    韓国ドラマはテレビ局で放送されているが、実際には外部の制作会社が撮影を行なっているケースが多い。これは、韓流コンテンツの活性化のために、外注制作を増やすような政策が取られているからだ。そういう観点から…

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る