放送を終えた『ボーイフレンド』!視聴率の評価は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国のケーブルチャンネルのtvNで放送された『ボーイフレンド』。2019年1月24日に最終回の放送があり、全16話が終わった。果たして、韓国での反応はどうだったのだろうか。




スタートは好調だった

『ボーイフレンド』の第1話が放送されたのは2018年11月28日だった。視聴率は8.7%(ニールセン・コリアの全国での調査。以下同様)。まずまずのスタートだった。
11月29日に放送された第2回では視聴率が10.3%に上昇。早くも10%を突破した。放送されているのはケーブルチャンネルだが、地上波を含めても同時間帯で1位を記録した。
この時点では、「さすが、ソン・ヘギョとパク・ボゴムの共演だ」と評価がとても高かった。2人の主演俳優ともに「視聴率を取れる俳優」。期待どおりの出だしだった。
『ボーイフレンド』でソン・ヘギョが演じるのは、政治家の娘として常に束縛された生活を強いられてきた女性のチャ・スヒョンだ。




彼女は政治的な野心に燃える父親によって、まったく自由のない生活を送らざるをえなかった。
そんなスヒョンが偶然に出会った青年が、純粋な心を持ったキム・ジニョクだ。
2人は対照的な生き方をしてきた。
必然的に、スヒョンはジニョクに影響されていく。このあたりがドラマの見どころであった。
(ページ2に続く)

4話連続で視聴率が同時間帯1位だったパク・ボゴム主演『ボーイフレンド』

見事なホスト役!ビッグイベントを盛り上げたパク・ボゴム

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

『ボーイフレンド』に主演するパク・ボゴムへの3つの期待!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る