『ボーイフレンド』に主演するパク・ボゴムへの3つの期待!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムとソン・ヘギョが主演する『ボーイフレンド』が、韓国のケーブルチャンネルのtvNで11月28日から放送される。パク・ボゴムには、3つの点で大いなる期待が掛かっている。




2年ぶりの新作

『ボーイフレンド』でパク・ボゴムが演じるのは、自由で美しい魂を持った青年のキム・ジニョクだ。一方、ソン・ヘギョが扮するのは、いつも束縛されて生きてきた女性チャ・スヒョンである。
このチャ・スヒョンが偶然にキム・ジニョクと出会い、毎日を大切に生きている純粋な彼によって自分自身の人生を見出していく、というのが『ボーイフレンド』の骨子となるストーリーだ。
この『ボーイフレンド』では、主演のパク・ボゴムに3つの大きな期待が掛かる。
1つ目は、『雲が描いた月明り』以来の2年ぶりの新作だということだ。
俳優として高い人気を得てきたパク・ボゴムだが、彼が真の意味で大ブレイクしたのは『雲が描いた月明り』でイ・ヨンを演じたからだ(『雲が描いた月明り』とイ・ヨンについては『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』〔康熙奉(カン・ヒボン)著/実業之日本社発行〕で詳しく紹介されています)。




その演技によって、数々の名誉ある賞を受賞したパク・ボゴム。当然ながら次回作が注目されたのだが、2年の時を経て選んだ作品が『ボーイフレンド』だった。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』でイ・ヨン(孝明世子)を甦らせた!

パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

パク・ボゴム!いま次回作が一番期待されている俳優

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で「家族の絆」を実感!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る