パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年12月11日、羽田空港の国際線ターミナルにパク・ボゴムが姿を現した。手を振ったり、驚いた表情を見せたり……。その瞬間の立ち居振る舞いが水彩画のような絵画になっていた。

時代にピッタリのスター

今は第3次韓流ブームだと言われている。
第1次は、『冬のソナタ』のペ・ヨンジュンが日本で大人気となって起こった韓国ドラマのブームだった。
そして、第2次は東方神起や少女時代やKARAが牽引して大いに盛り上がったK-POPのブームであった。




現在の第3次は何だろうか。
間違いなく、SNSを通して10代から20代の日本女性が情報交換しながら交流しあうソーシャルメディアのブームだと言える。
この第3次韓流ブームでは、SNSで映えるスターに人気が集中する。
そういう意味では、さりげなく瞬間的な表情にあますところなく魅力が凝縮したパク・ボゴムはピッタリのスターだ。
(ページ2に続く)

4話連続で視聴率が同時間帯1位だったパク・ボゴム主演『ボーイフレンド』

パク・ボゴム主演の『ボーイフレンド』!視聴率が絶好調

パク・ボゴム!『雲が描いた月明り』から新作『ボーイフレンド』への飛躍

『ボーイフレンド』に主演するパク・ボゴムへの3つの期待!

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る