4話連続で視聴率が同時間帯1位だったパク・ボゴム主演『ボーイフレンド』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

11月28日から韓国で放送が始まったドラマ『ボーイフレンド』。パク・ボゴムとソン・ヘギョの主役カップルが話題を集めているが、12月6日の放送で第4話まで終わった。視聴率は、地上波を含めて4回連続で同時間帯1位だった。




視聴率は大健闘

11月28日に放送された第1話の『ボーイフレンド』。視聴率は平均で8.7%であった(ニールセン・コリアの全国での調査。以下同様)。
幸先のいいスタートを切った『ボーイフレンド』は、11月29日に放送された第2回で早くも10%を越えて10.3%を記録した。
このまま上昇するかと思われたが、12月5日に放送された第3話は9.3%で、12月6日の第4話も同じく9.3%だった。
ちょっと足踏みした感があるが、それでも4話連続して同時間帯で1位というのは凄い。なぜなら、『ボーイフレンド』を放送しているのがケーブルチャンネルのtvNであり、本来なら地上波(KBS、MBC、SBS)と比べて分が悪いはずだからだ。




しかし、『ボーイフレンド』は無料放送で視聴者が気軽に見られる地上波を上回っている。これは特筆すべきことだ。確かに、第3話と第4話で10%を切ってしまったが、序盤は様々な伏線をドラマに盛り込まなければならず、それだけ勢いがつかない場合もある。むしろ、9.3%という数字は大健闘とも言える。
(ページ2に続く)

パク・ボゴム主演の『ボーイフレンド』!視聴率が絶好調

パク・ボゴム!『雲が描いた月明り』から新作『ボーイフレンド』への飛躍

『ボーイフレンド』に主演するパク・ボゴムへの3つの期待!

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

パク・ボゴム!朝鮮王朝の世子から芸能界のプリンスへ飛躍

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る