パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは、政治的に対立した場面で厳しい表情にならざるをえなかった。そのときのパク・ボゴムの演技にも大いに惹かれた。

万人を魅了する輝き

韓国には「黙内雷(ムンネレ)」という言葉がある。
この「黙内雷」とは何か。
わかりやすく言えば、「表面上はとても静かで黙して語らずという表情なのだが、心の中では雷が鳴り響いているように激しい感情が渦巻いている」という意味だ。




パク・ボゴムの「笑わない表情」をずっと見ていて、この「黙内雷」という言葉を思い出した。
もちろん、パク・ボゴムは笑顔が魅力の俳優である。カメラを向けられたときや、ファンの視線を浴びたときには、自然と笑顔がこぼれる。そして、その表情は万人を魅了する輝きに満ちている。
だからこそ、彼はこれほどのスターになったのだ。(ページ2に続く)

イ・ヨンに成りきったパク・ボゴムの温かい人柄を実感!

パク・ボゴム!朝鮮王朝の世子から芸能界のプリンスへ飛躍

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

パク・ボゴム!いま次回作が一番期待されている俳優

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る