イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『チェオクの剣』『イ・サン』『階伯[ケベク]』などの時代劇で堂々たる主役を演じたイ・ソジン。数多い俳優の中でも、イ・ソジンは時代劇でとても印象的な演技を披露してきた。そんな人気俳優が時代劇の真髄について存分に語った(インタビューは2013年に行なわれている)。




時代劇には2つの種類がある

――日本では韓国時代劇が1つの人気ジャンルになっています。そのことをどう思いますか?
「実は、俳優として自分が出演した作品を韓国国内の視聴者だけではなく、海外にいらっしゃる方々まで見てくれるということだけでも、とてもうれしいですし、光栄に思います。それに時代劇というジャンルは、各国の歴史を背景にしていますから、外国の方たちにとっては、分かりにくい部分もあると思うんです。それにもかかわらず、多くの関心と愛情を持って見てくださっているわけですから、感謝の心でいっぱいです」
――ご自身にとって、時代劇はどういうジャンルですか?
「自分自身にとって時代劇と現代劇が“他のジャンル”という感じはしないですね。俳優として演技をし、私が引き受けた配役に対して、表現しなければならないという点では同じだと感じています」
――時代劇に向き合う時に必要な姿勢や、大事にしていることは?
「時代劇にも2つの種類があります。『チェオクの剣』の場合は、ドラマの時代背景として歴史があるだけで、実在する人物ではないんです。しかし、『イ・サン』や『階伯[ケベク]』の場合は、歴史的に存在する実存の人物たちを演じるわけです。




ドラマという“作られた話”であるとしても、その時代を生きた人物を研究するために、資料となる本を読んだりもしながら、基本的な知識を持って配役に臨みました。あるとすれば、そういう違いでしょうかね」
(ページ2に続く)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(中編)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(後編)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

イ・サン(正祖)が即位直後に一番やりたかったことは?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(22代王・正祖編)

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る