イ・サン(正祖)が即位直後に一番やりたかったことは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1776年、24歳で正祖(チョンジョ/ドラマ「イ・サン」の主人公)は王になった。即位後の第一声は「嗚呼!寡人は思悼世子の子なり」という言葉だった。この「寡人(クァイン)」というのは、王が自分のことをいうときの表現だ。

王となった正祖

正祖の父親である思悼世子(サドセジャ)は、一部の政治を任せられるほど聡明であったが、素行が悪かった。さらに、周囲の人間に陥れられた部分もあった。その結果、息子の行動に激怒した父の英祖(ヨンジョ)によって米びつに閉じ込められて餓死してしまう。
思悼世子は、罪人というかたちで扱われていた。そのため、本来なら彼の息子である正祖は王になることができないはずだった。




しかし、思悼世子には早世していた兄の孝章(ヒョジャン)がいた。正祖は、その孝章の養子となったことで、22代王として即位することできた。
王となった正祖は、亡き父の妹や母の叔父など身内も含めて、父を陥れた敵対勢力を次々と処罰していった。
一方、正祖が処罰すべきかどうかで悩んだ相手が、英祖の二番目の正室だった祖母の貞純(チョンスン)王后で、彼女も思悼世子を追い詰めた1人である。(ページ2に続く)

『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

『イ・サン』が描いた英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇とは?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(22代王・正祖編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(思悼世子編)

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る