イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(中編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は前編に続く2回目。『イ・サン』で正祖(チョンジョ)を演じたイ・ソジンは、同ドラマが人気を得た要因について、「今の時代は、正しいリーダーに対する人々の願いが大きいようです」と語っている。




時代劇は撮影が大変

――現代劇と時代劇、どちらが演じやすいですか?
「本人ではない他人の人生を表現する演技というのは、時代劇であろうと現代劇であろうと別段違わないので、どちらか一方がより易しいとか難しいと言うことはできません。ただ、時代劇の場合には、服装であるとか、あるいはソウル市内で撮影することができなくて、移動距離が遠いとか、そういう部分では、現代劇より大変な苦労があるかなと思いますね」
――武官・将軍・王様と演じられましたが、興味のある歴史上の人物は?
「私が演技した人物たちは、私にとってすべて興味深い人物です。シナリオをもらって、私がその人物に興味を感じることができなかったら、その作品を選択することができなかったはずですから……」
――『イ・サン』は特に日本で人気ですが、それはなぜだと思いますか?
「実は韓国内でも同じなんですが、今の時代は、正しいリーダーに対する人々の願いが大きいようです」




――確かに正祖(チョンジョ)は朝鮮王朝時代の名君ですね。
「えう。国王の中でも正しい政治と情け深く寛大な性格で歴史に残っている正祖大王の一代記は、最近、この時代が願うリーダーの姿だったりしたようです。そんな点が印象的で、人気を集めることができた理由だったのだと思っています」
(ページ2に続く)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(後編)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

イ・サン(正祖)が即位直後に一番やりたかったことは?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(22代王・正祖編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る