『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝時代の名君と言えば、なんといっても、ハングルを作った4代王・世宗(セジョン)があまりに有名だ。今でも韓国の小学校に行けば世宗の銅像がよくあるし、1万ウォン紙幣の肖像画になっている。この世宗に名声では及ばないが、匹敵するほどの名君だったと言われているのが22代王の正祖(チョンジョ)である。

23oISjq_vXzlyc81503884827_1503884910

本好きだった意外な理由

518年間続いた朝鮮王朝には27人の王がいた。
暴君、凡庸な王、情けない王、名君と様々な王がいたが、学問に一番精通した王が正祖であった。
「学問の道に進んでいれば、大学者になっていたことだろう」




そう評価されるほど、正祖の文才と博識は際立っていた。
元来が頭脳明晰ではあったが、それ以上に大きかったのは、夜通し読書にいそしんだということだ。
といっても、ただの本好きではない。もっと切実に、夜に本を読まなければならない事情があった。
それは、寝ている間に暗殺されることを防ぐためだった。(ページ2に続く)

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2
https://goo.gl/z4jXfb

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)
https://goo.gl/EfikYY

申師任堂(シンサイムダン)/朝鮮王朝美女物語7
https://goo.gl/28GaER

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る