日本の中年男性が旅先のソウルで実感したことは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

中年男性3人が日本からソウルへ行った。なるべく韓国の日常を体験したかったので、飛び込みでソウルの韓式旅館に泊まり、裏通りの大衆食堂で食事をした。1泊して朝となり、3人で連れ立って銭湯へ行き、1時間ほどのんびり朝湯につかったあとで小さな大衆食堂に入った。




外観が石とガラスで固められている

食堂で注文した朝食は、カルグッス(韓国風手打ちうどん)だった。
店のアジュンマ(おばさん)は先にキムチとタクワンを出しながら「ちょっと時間がかかるからね」と言った。
食堂には他にも数人の客がいて、アジュンマが一人で切り盛りするからには楽に30分くらい待たされそうだった。
風呂上がりだけに、すぐにビールを注文した。しかし、置いていないと言う。「ウチには朝から酒を飲む客なんかいない」というのが理由だった。
けれど、助け船を出してくれた。となりのスーパー(雑貨店)に売っているから、好きなだけビールを持ち込んでいいそうだ。
こうして、スーパーで買ったビールを飲みながら、朝の食堂で中年男性3人による会話が始まった。




A「ソウルの街が随分ときれいになった。でも、街が石とガラスでできているという雰囲気。それくらい木造が目立たない。かつて朝鮮半島の人は木を使って建物を建て、木造の風合いを大事にしてきたはずなのに……」
B「韓国では古いものがどんどん壊されている」
A「高度成長にともなって建物の造り方に劇的な変化が起こり、普通の住宅でも外壁をレンガやコンクリートで覆うようになってしまった。木造よりコンクリートのほうが裕福な感じがしたんじゃないかな。室内にはまだ木のぬくもりが残っているとしても、外観が石とガラスで固められているのは残念だね」(ページ2に続く)

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る