韓国女性の生き方〔第1回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回 純潔を守るということ

DSCF7563

娘に厳しい韓国社会

唐突ですが、婚前純潔という言葉をご存知ですか。

日本で婚前旅行という言葉をよく耳にしますが、婚前純潔という言葉はどうなのでしょうか。明治時代なら通じたのでしょうか。

女性は結婚するまで純潔を守るべし!

私の青春時代には、韓国の女性なら誰もが結婚前に純潔を守ることが絶対的な生き方だと思い込んでいました。

「女は結婚するまで身持ちを慎重にすること!」

耳にタコができるほどそう言われ続けました。




そうであるなら、もっと正しい性教育が行なわれればよかったのですが、残念なことに当時の韓国社会は性に対して開放的ではなかった。特に娘に対してはとても厳しかったのです。

男性の異性経験は自慢話になるのに反して、女性の異性経験は「恥」「傷」「雑巾」など、マイナス的なイメージが含まれた単語でよく表現されていました。

結婚前に純潔を守るという条件が、当時の女性の恋の行方を大きく左右したのです。

私が現実と理想にギャップを感じたのは、大学に入ってからです。初めて付き合った彼と別れてから徐々に気付くようになりました。交際中には、自分の生き方が正しいと彼にぶつけてましたし、そういう私を守ってくれた彼だったからこそ信用しました。それなりに絆もあったと思います。(ページ2に続く)

韓国女性の生き方〔第2回〕

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る