東方神起のユンホは何歳まで予備軍の訓練を受けなければならないか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東方神起のユンホが、最近になって予備軍の動員訓練を受けた。この動員訓練は除隊後の4年間に行なわれるものだ。しかし、これが終わっても兵役は終了ではない。それでは、何歳になったら兵役は完全に終了するのだろうか。




2泊3日の訓練

現役兵から除隊した人は、今度は予備軍に入って、誰もが定期的な訓練を受けなければならない。
この予備軍というのは、戦争が起こったら召集されて軍人になる人たちだ。
つまり、平時は普通の社会生活をしていて戦時になったときに軍人になるのが予備軍なのである。
このように、いったん除隊した人たちは、予備軍になって戦時に備えている。
そして、除隊したあとの4年間に受けるのが「動員訓練」だ。
この訓練は1年間に28時間ずつ受ける必要がある。
実際には、予備軍用の訓練所に出向いていって、2泊3日という泊まり込みで射撃訓練などを行なう。




このときは、現役兵時代と違って、かなり腕がなまっているので、反復して基礎的な訓練を行なっていく。
4年間の「動員訓練」が終わると、次の2年間は「郷防訓練」という訓練に移っていくのである。
(ページ2に続く)

東方神起のユンホが受けた「予備軍の動員訓練」とは何か?

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

除隊から2年を経た東方神起ユンホの「その後の怪物ぶり」とは?

東方神起ユンホは韓国の「兵役文化」をどう変えたのか

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター(再読版)

東方神起ユンホはどのようにして「素敵な怪物」になったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る