除隊から2年を経た東方神起ユンホの「その後の怪物ぶり」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年4月20日に、東方神起のユンホは兵役で所属していた第26師団を除隊した。彼は報道陣やファンの前で「軍隊生活を本当に興味深く過ごしました」と語った。その日から2年が経過した。この間、ユンホはどんな活動をしてきたのだろうか。

写真=Miwako Takahata




ドラマに主演

除隊した日に、ユンホはこう語っていた。
「社会ではユノユンホでしたが、すべてを置いて軍隊へ行きました。第26師団の軍楽隊で服務をしましたが、幹部の方々や一緒に過ごした戦友たちも人間チョン・ユンホとして接してくださり、その中で私が成長する契機ができたと思います」
また、除隊後の活動について、次のように抱負を述べていた。
「兵役の間に私が考えていたものをお見せしたいと思います。ずっと待ってくださったファンの方々もいらっしゃいますし……。待ってくださった時間以上にお応えしたいと、たくさんのことを準備しています。後でかっこよくお見せいたします」
こうして芸能界に復帰したユンホは、最初にドラマ『メロホリック』に主演して、人間の心が読める超能力者を演じた。
その制作発表会が2017年10月30日にソウル市内で行なわれたが、芸能活動を再開できた喜びを素直に見せる彼の姿が印象的だった。




さらにユンホは、MBCの『Dunia』に主演。多くの仲間を束ねるリーダーに扮していた。
その『Dunia』の制作発表会は2018年5月24日にソウル市内で行なわれたが、会場にはユンホのファンから送られた大小様々な米花輪が飾られていた。
スタッフは米花輪について「50個くらいあります。この後、飾られた米は必要としている方々に寄付されますので、とても意義ある物です」と説明していた。
このように、米花輪ではファンの応援したい気持ちが明確な形になっていた。
(ページ2に続く)

東方神起ユンホは韓国の「兵役文化」をどう変えたのか

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター(再読版)

東方神起ユンホ!『メロホリック』の制作発表会で満面の笑み

東方神起ユンホがリーダーの『Dunia』制作発表会!

東方神起ユンホの兵役活動を高く評価する3つの理由

東方神起ユンホはどのようにして「素敵な怪物」になったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る