東方神起のユンホが受けた「予備軍の動員訓練」とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年4月20日に除隊して2年以上が過ぎた東方神起のユンホが、最近になって予備軍の動員訓練を受けた。果たして、動員訓練とはどういうものだろうか。具体的に説明していこう。

除隊後は予備軍に入る

芸能人の入隊と除隊のニュースは芸能マスコミでも大きく報じられる。
しかし、除隊したからといって、すべての兵役が終わったわけではない。
実は、除隊した人は、そのまま「予備軍」に編入されて、その後も定期的な訓練を受けなければならない。
その訓練の最初が「動員訓練」である。
順に、予備軍と動員訓練について説明していこう。
予備軍というのは、戦争が起こったら召集されて軍人になる人たちである。
つまり、いつもは普通に社会生活をしているが、戦時に軍人になるのが予備軍の人たちなのだ。
このように、いったん除隊した人たちも、予備軍になって戦時に備えている。
しかし、除隊したあとに訓練がないと、せっかく覚えた射撃の腕前もさびついてしまうだろう。
そこで、予備軍の実戦訓練が定期的に必要になってくる。




そして、除隊したあとの4年間に受けるのが動員訓練だ。
動員訓練は1年間に28時間ずつ受ける必要がある。そのための訓練所は韓国各地にあり、芸能人の場合はソウルの訓練所で受けるケースが多い。
(ページ2に続く)

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

除隊から2年を経た東方神起ユンホの「その後の怪物ぶり」とは?

東方神起ユンホは韓国の「兵役文化」をどう変えたのか

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター(再読版)

韓国メディアは東方神起ユンホの除隊をどう伝えたか

東方神起ユンホはどのようにして「素敵な怪物」になったのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る