東方神起ユンホは軍楽隊の経験を今後どう生かすのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役の服務形態にも様々な種類があるが、東方神起のユンホは新兵訓練を終えた後に軍楽隊の隊員として兵役を履行した。このことが、今後の彼にどんな影響をもたらしてくるのだろうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

写真=韓国陸軍公式サイトより

常に音楽がある環境

ユンホはまぎれもなく、兵役では陸軍の現役兵として軍務に就いた。そして、第26師団の軍楽隊に配属になったのである。
軍楽隊の隊員も一応の軍事訓練を受けるとしても、軍務の主たるものは、師団が行なう公式行事で音楽を吹奏することだ。
非常に重要な任務であり、そうした行事で高度な音楽性を披露するためには、日常の練習が欠かせない。つまり、毎日が音楽漬けとなる。
これは、アーティストのユンホにとって、うってつけの環境だった。




音楽に囲まれた生活から一転して兵役中に軍事訓練のみになると、ブランクによって音楽のセンスが停滞することが危惧されるのだが、ユンホに関しては、そういう心配がいらなかった。
根っからの音楽好きは、そばで音が鳴るだけでうれしいものだ。少なくとも、軍楽隊にいたおかげで、「音楽から離れて寂しい思いをする」ということがなかったのである。
(ページ2に続く)

東方神起ユンホはどのようにして「素敵な怪物」になったのか

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

韓国では東方神起ユンホの兵役活動をどう評価した?

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る