ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前編/覚悟の入隊

IMG_4438

男の中の男の部隊

韓国の軍隊の中で、軍務が一番厳しいと言われているのが海兵隊である。体力的にも精神的にも、限界を超えるほどの鍛錬と辛抱を強いられる。

そんなに厳しいなら「何が何でも海兵隊は避けたい」と思う若者が多いかというと、実態は逆である。韓国では海兵隊に志願する人が多いのだ。あまりに志願者が多いので、希望通り海兵隊に入れない人が続出するくらいだ。

なぜ、韓国の若者は海兵隊を目指すのか。

それは、あえて厳しい軍務に就いて自分の限界を試そうとする若者が多いからに他ならない。

しかも、海兵隊は韓国で「男の中の男の部隊」と言われていて、海兵隊の軍務をやり遂げると社会に戻った後でも一目置かれる存在になる。つまり、同じ軍隊でも、経験することで箔が付くのが海兵隊なのである。

ヒョンビンは俳優として実績をあげながら、20代の終わりに海兵隊に志願した。これは特筆すべきことだ。なぜならば、20歳前後の隊員が多い中に10歳くらい年上のヒョンビンが入っていくのは体力的に相当きつい。しかも、彼は一番年上になってしまうので精神的にも負担が大きいはずだ。

彼は言った。

「海兵隊で落伍したとしても、後悔はしたくないのです。やらないで後悔するよりは、やって後悔したほうがまだましじゃないですか」

このように決意したヒョンビン。海兵隊の新兵訓練の入所式で、ヒョンビンが700人以上の同期の代表として宣誓を行なっている。

それは、年長だからという意味もあったと思う。名誉なことではあるが、10歳近く年下の同期の中に入っていったヒョンビンには並々ならぬ決意があったと言える。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る