韓国では東方神起ユンホの兵役活動をどう評価した?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本には徴兵制がないので、兵役をごく身近に感じることがない。しかし、韓国では兵役が社会制度として確立されていて、日常生活の一部にもなっている。そんな韓国では、東方神起のユンホの兵役活動がどんなふうに見えたのだろうか。

NLo91Jo7JTuWxF41475458240_1475458580




本当に頑張っていた

直接、韓国の人の率直な意見に耳を傾けてみよう。
韓国の芸能界に詳しいソウル在住のジャーナリストの朴敏祐(パク・ミヌ)氏は、次のように語っている。
「東方神起のユンホは、韓国の芸能人の中でも人柄が良いことで有名です。軍隊でも誠実に過ごして新兵のときは最優秀訓練兵に選ばれ、兵士としては射撃・体力・精神力・戦闘技量のすべてで90点以上を取らなければ与えられない特級戦士の称号も得ました。軍楽隊に配属されているので、そこまで究めなくてもいいはずなのに、本当に頑張って軍隊生活を送っています」
やはり、特級戦士に選ばれたことは、韓国でも驚きをもって迎えられていた。本当に特別なことなのだ。




朴敏祐氏は、さらにこう語る。
「軍楽隊は軍内部の公式行事はもちろん、一般人のための公演にも出演します。これは軍のイメージアップのためのもので、地域の祭りやイベントなどの小さい舞台も多いのですが、そこでもユンホは熱心にステージを務めていて、その誠実な姿が評判になっています。これは、なかなかできることではありません」
ドームで何万人の観客を前にしても、韓国の地方で特設の小さなステージに立つときも、ユンホの基本的な姿勢は変わらない。
常に「全力」がモットーである。そのことが高く評価されていると朴敏祐氏は指摘している。
さらに、具体的なことを話してくれた。




「私の友人の中にも、軍楽隊に入っていた人が何人かいますが、話を聞くと、一般兵士とは違って訓練なども厳しくないそうです。そんな環境の中で特級戦士に選ばれるというのは、並大抵の努力ではないでしょう。ユンホの軍生活は真面目そのものであり、多くの人たちの模範になります」
(ページ2に続く)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

東方神起ユンホの故郷・光州で食べたコンナムルクッパが忘れられない!

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた

東方神起ユンホの「堂々たる除隊」

韓国メディアは東方神起ユンホの除隊をどう伝えたか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る