カテゴリー:韓国の暮らし

  • 取り皿を使わずジカ箸で鍋をつつくのが韓国スタイル!

    韓国ドラマでよく出る食事場面では、熱い鍋の具を取り皿に取らず、直接箸をつついて食べています。日本から見れば、「小皿に取って食べる習慣がないのか?」と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。 …
  • 韓国女性の生き方〔第9回〕

    第9回 美しい故郷の済州島がピンチです 「オルレ」を守りたい みなさん、済州島(チェジュド)のオルレをご存じですか。 済州島を知っている日本人ならば、ゴルフ場と韓流ドラマのロケ地が思い浮かぶでしょう。今…
  • 韓国女性の生き方〔第8回〕

    第8回 韓国女性が経験した日本の震災 5年前を思い出す 今回の熊本地震でお亡くなりになった方々に心から哀悼の意を表します。被災された方々にお見舞い申し上げます。 韓国は地震がない国なのですが、私も日本で…
  • 韓国女性の生き方〔第7回〕

    第7回 日本で外国人として生きていくこと 日本社会に壁を感じた 日本へ移り住んでから10年近くになります。当時、取引先のお客さんだった日本人から「会社を立ち上げようと思いますが、日本で一緒に仕事してみませんか…
  • 韓国女性の生き方〔第6回〕

    第6回 怒らないことが日本の美徳なの? 以前は韓国を知らない人ばかり 私は子供の時から外国に興味がありました。 済州島(チェジュド)に生まれ育ったせいか、ずっと島から脱出しようと思っていました。詳しい計…
  • 韓国女性の生き方〔第5回〕

    第5回 国際結婚の難しさ かつて、はまった韓国のインターネットサイトがあります。「韓日カップルのラブストーリー」というサイトですが、日本人のパートナーをもつ韓国人が、韓国人の目線でラブストーリーを語るサイトでした。…
  • 韓国女性の生き方〔第4回〕

    第4回 息子と娘の違いについて 息子に甘すぎる韓国 韓国の民法上で財産相続の割合は息子と娘で同等である。正確にいうと、配偶者1・5:息子1:娘1であるが、我が家の割合は息子1:娘0だ。いや、息子100:娘0と…
  • 韓国女性の生き方〔第3回〕

    第3回 韓国で女性が結婚することの意味 未婚でいることの大変さ 私は数え年38歳で結婚しました。田舎育ちにしてはとても遅いゴールインでした。小学校の女子同級生の中(30名あまり)では、最後に結婚した老処女(オ…
  • 韓国女性の生き方〔第2回〕

    第2回 女性から見た韓国男性 男性の権利が優先される社会 私は、マッチョ系の男性が大嫌いです。偏見かもしれませんが、身長が高くて筋肉が付いてて頼もしくみえる男ほどロクな者はいないのです。 見かけとは全然…
  • 韓国女性の生き方〔第1回〕

    第1回 純潔を守るということ 娘に厳しい韓国社会 唐突ですが、婚前純潔という言葉をご存知ですか。 日本で婚前旅行という言葉をよく耳にしますが、婚前純潔という言葉はどうなのでしょうか。明治時代なら通じたの…

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る