入隊したパク・ヒョンシクが新兵訓練後に行く首都防衛司令部とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ヒョンシクが2019年6月10日に韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所に入った。ここから兵役をスタートさせた彼は、新兵訓練を経てから首都防衛司令部で軍務に就いていく。




特別部隊の一員

新兵訓練は5週間にわたって行なわれる。
その期間にパク・ヒョンシクは、軍人としての精神教育を受け、射撃などの軍事技術を習得していく。
そして、5週間の新兵訓練を終えると、新兵たちは各自が所属する師団に移っていくが、パク・ヒョンシクの場合はすでに首都防衛司令部の憲兵隊に志願して選抜テストに合格しており、新兵訓練の後に彼はずっと首都防衛司令部で除隊まで軍務に励む。
この首都防衛司令部とは何か。
陸軍の首都防衛司令部は、文字通り、韓国の心臓部となるソウル市を防衛するための特別部隊である。
1950年に勃発した朝鮮戦争では、北朝鮮軍の攻撃によってソウル市は開戦後すぐに陥落している。このようにソウル市は軍事境界線からあまりに近いために、防衛上は不利な首都なのだ。




それだけに首都の防衛は韓国軍にとって特に重要な任務であり、首都防衛司令部は陸軍本部の直轄であり、大統領の直接的な命令によって有事にソウルを死守する役目を負っている。
(ページ2に続く)

今年(2019年)兵役が終わる主な芸能人/除隊日はいつ?

首都防衛司令部に入隊するパク・ヒョンシクの今後は?

パク・ヒョンシクの演技を称賛したチャン・ドンゴン!

韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る