韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回/1日の通常の軍務

軍隊では体力トレーニングが欠かせない(写真/韓国陸軍公式サイトより)

6時起床で8時に軍務開始

韓流スターも新兵訓練を終えると、各部隊に配属されていく。

そこでは、どんな生活を送るのであろうか。

それを知る手掛かりとして、軍隊での平均的な1日を見てみよう。

毎朝、宿舎の兵士たちが起床する時間は6時である(冬になると6時半になることもある)。

起床すると、すぐに宿舎で自分の身の回りを整理し、全員が練兵場に集合して朝の点呼を受ける。いなくなった者や体調が極端に悪い者がいないかを点呼の段階で点検されるのである。




点呼が終われば全員で体操して、寝ぼけた身体を目覚めさせる。その後は朝食を食べて、朝の軍務の準備をする。

午前の軍務は8時から始まる(冬になると8時半になるときもある)。

そのときはいったい何をするのだろうか。

特技を持って軍務についている者は自分の特技を生かした作業を行ない、特に特技がない者は戦闘技能の向上をめざして訓練を受ける。

兵士は、常に軍事訓練をしているように思われるかもしれないが、実は訓練より作業のほうが多い。どんな作業があるかというと、施設の修理や建設のための労働に従事したり、山へ行って木を切り倒したり、訓練のための準備として様々な障害物の整備をする。当然ながらどの作業も肉体を酷使するので疲労が甚だしい。(ページ2に続く)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(2)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る