韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役で入隊したときに、最初に新兵訓練を受けます。それは5週間ですが、義務警察や社会服務要員の人たちの新兵訓練は4週間に短縮されます。こうした期間に射撃などの実戦訓練を積んでいきます。

写真=韓国陸軍公式サイトより




新兵訓練の始まり

韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所。ここに月曜日に入るのは完全に軍隊に行く人です。
そして、木曜日に入るのは新兵訓練が4週間の人です。社会服務要員か義務警察隊員になる人は、入隊する曜日でわかるわけです。
なお、韓流スターは28歳から30歳までに入隊する場合が多いのですが、他の新兵はほとんどが20歳前後です。
つまり、10歳くらい違うのです。当然、新兵の中でもリーダー的な役割をまかされることが多くなります。
芸能界の出身者は厳しい業界で様々な経験を積んでいます。しかも、年齢が上。そういう点ではリーダーにうってつけです。
ただし、体力的には10歳くらい若い人たちと一緒にやるのはきついです。それにもかかわらず、訓練で優秀賞をもらう芸能人が多いのですが、相当気合を入れてやっているから、あのように優秀な成績を収められるのでしょう。




新兵訓練では、銃の撃ち方や手榴弾の投げ方などを鍛えられます。そういった訓練の中で、みんなが一番恐れるのがガス室訓練です。
(ページ2に続く)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

今年(2019年)兵役が終わる主な芸能人/除隊日はいつ?

兵役解説/入隊する韓流スターの心得とは何か

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る