パク・ヒョンシクの演技を称賛したチャン・ドンゴン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国KBSで放送される『SUITS/スーツ』が大きな話題を集めている。注目すべきは、チャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクの共演だ。超大物俳優と新進気鋭の若手俳優がどんな演技を披露するのか。話題は尽きない。

写真=韓国KBS『SUITS』公式サイトより

特異なキャラクター

『SUITS』は、アメリカの人気作品のリメイク版で、弁護士が主役の法廷ドラマである。
主役の弁護士は2人。
1人はレジェンドとも呼ばれる敏腕弁護士のチェ・ガンソク。チャン・ドンゴンが扮している。
もう1人は天才的な記憶力を持った驚異の弁護士のコ・ヨヌ。パク・ヒョンシクが演じている。




ただし、コ・ヨヌはニセの弁護士。ここがとても面白い設定だ。
パク・ヒョンシクは、特異なキャラクターであるコ・ヨヌを演じるにあたり、果たしてどんなことを心掛けているのだろうか。
彼は率直にこう語っている。
「監督や脚本家の先生と一緒にコ・ヨヌについて話し合いながら、役になりきるように努力しました」(ページ2に続く)

洋々たるパク・ヒョンシク!『SUITS/スーツ』で決める

韓国で最強のドラマ放送枠!KBSの週末ドラマ

韓国ドラマの根幹をなす「恨(ハン)」とは何か

韓国とドラマの素朴な疑問に答えます〔第1回〕

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る