芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

徴兵検査で1級、2級、3級の人は現役兵となります。4級の人は補充役です。これは「一応は軍隊に行ける健康状態ですが、軍隊には人がいっぱいいて、みんな行くことはないから代わりの制度を利用して」という立場です。その代わりの制度が社会服務要員ということです。

社会服務要員の勤務とは?

補充役の人がよく社会服務要員になりますが、何をするかというと、役所で勤務することが多いです。
ソウル市の江南(カンナム)区役所は、社会服務要員が多いことで有名です。通常、江南区役所には60人前後の社会服務要員がいます。
なお、社会服務要員は、陸軍の兵役期間21カ月より数カ月(たとえば2カ月とか)長く行くことになります。




社会服務要員は基本的に家から通うことができます。兵役期間中でも自宅で寝ることができるのですから、現役兵からすれば羨ましいでしょう。
また、社会服務要員は、他の職員と同じように区役所で勤務しますが、給料は軍隊に行っている人と同額になります。
その金額は、およそ日本円で1万5千円から2万円くらいです。(ページ2に続く)

これが「社会服務要員」のすべて!

超解説!社会服務要員とは何か?

社会服務要員の気になる給料は?

韓国の兵役法は社会服務要員をどのように規定しているか

解説!兵役における社会服務要員の役割

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る