兵役に入った2PMのジュノはどんな新兵訓練を受けるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は行軍

本格的な新兵訓練が始まると、射撃訓練を行なう。25メートル先の標的を正確に撃つための様々な訓練が続いていく。
また、敵が化学ガスを使ったときに備えた化学ガス訓練なども行なわれる。
同時並行で、救急法なども徹底して学んでいく。ケガを負ったときの処置や人工呼吸の方法などを身につけるが、これは、兵役が終わって社会に復帰した後も大変役立つ技術である。
そして、長期的な戦闘を想定した訓練が行なわれる。
たとえば、遊撃訓練というのは山野を駆け回って敵に近づいて攻撃を加える訓練であり、野営訓練は外でテントを張って宿泊する訓練である。
こうした訓練を段階的に行なったうえで、最後に行軍を行なう。
行軍は、重い装備を背負って20キロ前後の距離を早足で歩く訓練で、夜を徹して行なわれる。




この訓練を通して仲間同士の連帯感が培われていく。
すべての新兵訓練が終わると、修了式に臨む。その後、ジュノは社会服務要員として勤務する公的機関に移っていくのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

2PMのジュノ!社会服務要員としての毎日がわかるQ&A

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

社会服務要員の気になる給料は?

解説!兵役における社会服務要員の役割

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る