兵役に入った2PMのジュノはどんな新兵訓練を受けるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2PMのジュノが2019年5月30日に訓練所に入所した。彼は社会服務要員として兵役を履行するが、最初に4週間の新兵訓練を受ける。それは、一体どんな訓練なのだろうか(一般的な新兵訓練の様子を説明します)。




準備段階

訓練所の入所式は兵役で最初の公式行事で、訓練兵たちもまだ私服だ。
自宅からそのまま来たから仕方がない。
観客席では父母や友人たちが見守っている。入所式が終わると、訓練兵たちはいよいよ新兵訓練の準備に入っていく。
訓練兵たちは正式に訓練所で登録作業を行ない、その後に自己診断の報告書を書く。これは、自分自身に対するテストだ。
入隊する前の自らの生活や経験を正確に分析することで、今後の兵役生活への覚悟を明確に持てるようにするのである。
次に、訓練兵たちは身長・体重などの体格を正確に測定し、それを元に身体に合う活動服(生活するときに着る服)の支給を受ける。
以後、夕食のときに落胆するかもしれない。
覚悟していたとはいえ、大量に調理された夕食にはなかなか慣れない。また、宿舎での自分のスペースはあまりに狭い。




訓練兵たちは簡易布団を敷いて雑魚寝するのである。
自宅の個室に寝ていた今までとはあまりに違う。その状況に慣れなければ兵役生活を続けることはできない。
いくら落ち込んでも、慣れるしかないのだ。
(ページ2に続く)

2PMのジュノ!社会服務要員としての毎日がわかるQ&A

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

社会服務要員の気になる給料は?

解説!兵役における社会服務要員の役割

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る