『雲が描いた月明り』のイ・ヨン(孝明世子)の両親と息子はどんな人物か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

短命な親子

純祖は国王として存在感が薄かった。
その純祖の妻の純元(スヌォン)王后(1789~1857年)は、実家の安東・金氏が重職を独占する際に重要な役割を果たした王妃であった。
『雲が描いた月明り』ではイ・ヨンの実母は若くして亡くなったことになっていたのだが、実際に孝明世子の母であった純元王后は、長い期間にわたって権力をほしいままにした。
このあたりが、ドラマと史実では大いに違っていた。
なお、孝明世子の長男だったのが、24代王になった憲宗(ホンジョン/1827~1849年)であった。
即位したときにわずか7歳であったために、祖母の純元王后が代わって政治を取り仕切った。




結局、憲宗は祖父の純祖と同様に「お飾りの国王」にすぎず、1849年に政治的業績を残せずに急死してしまった。
亡くなった年齢は父の孝明世子が21歳で息子の憲宗が22歳。あまりに短命な親子であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『雲が描いた月明り』のための最低限の歴史解説!

『雲が描いた月明かり』の主人公・孝明(ヒョミョン)世子とは?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(孝明〔ヒョミョン〕世子編)

『雲が描いた月明かり』の時代2【イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?】

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らした『雲が描いた月明り』

『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る