イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らした『雲が描いた月明り』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムとキム・ユジョンが主演した『雲が描いた月明り』の主人公になっていたのは、イ・ヨンという世子(セジャ)だった。このイ・ヨンは孝明世子(ヒョミョンセジャ)のことなのだが、韓国でここまで有名なったのは『雲が描いた月明り』がヒットしたおかげだった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

さぞかし無念であっただろう

これまで数多くの韓国時代劇が作られてきたが、孝明世子が登場するドラマはほとんどなかった。
頭脳明晰だった世子として評価が高いとはいえ、王にならないままに21歳の若さで亡くなっているので、歴史的に語れる物語が少なかったのである。
そんな孝明世子を主人公のモデルにして『雲が描いた月明り』は作られているが、もともとはWEB小説が原作ということで、歴史的な事実にかなりフィクションが加えられている。




あまり詳しく説明すると、まだドラマを見ていない人にとってネタバレになってしまうので詳細な解説を省くが、史実の孝明世子は無念なことが多かった。
父の純祖(スンジョ)に代わって代理聴政(テリチョンジョン/摂政のこと)をして大きな実績を作り、国王になったら名君になるのは間違いないと思われていた。
それなのに、わずか21歳で急死してしまい、孝明世子が国王になる姿を見ることはできなかった。
(ページ2に続く)

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

https://goo.gl/4u6Pfw

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

https://goo.gl/6e9Syy

俳優チャン・グンソクは『テバク』で何を得たのか

https://goo.gl/yWHMgk

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る