『雲が描いた月明かり』の主人公・孝明(ヒョミョン)世子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国で放送された時代劇『雲が描いた月明かり』。視聴率も好調で人気を集めているが、このドラマの主人公になっているのが孝明(ヒョミョン)世子である。早世したために歴史上でもあまり知られていなかったのだが、果たしてどんな人物だったのか。

韓国KBS『雲が描いた月明かり』公式サイトより

純祖と純元王后の息子

名君と呼ばれた22代王・正祖(チョンジョ)が1800年に世を去ると、息子の純祖(スンジョ)が10歳で23代王に即位した。
彼の正室が純元(スヌォン)王后である。この女性は大変な活動家で、純祖の性格がおとなしいことを利用して、自分の実家の一族である安東金氏(アンドンキムシ)をどんどん重職につけた。




こうして安東金氏が朝鮮王朝の政治を牛耳るようになると、純祖もようやく妻の実家を牽制するようになり、具体的な行動に出た。それは10歳だった息子の孝明世子の正室に豊壌趙氏(プンヤンチョシ)の一族の娘を迎えることだった。つまり、豊壌趙氏を重用して安東金氏に対抗させようとしたのだ。
(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

https://goo.gl/kbV1fC

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)はどのように亡くなったのか

https://goo.gl/sizgPP

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る