『雲が描いた月明かり』の主人公・孝明(ヒョミョン)世子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国で放送中の時代劇『雲が描いた月明かり』。視聴率も好調で人気を集めているが、このドラマの主人公になっているのが孝明(ヒョミョン)世子である。早世したために歴史上でもあまり知られていなかったのだが、果たしてどんな人物だったのか。

昌徳宮(チャンドックン)に住んでいた孝明世子は奥の後苑(フウォン)を愛していた

昌徳宮(チャンドックン)に住んでいた孝明世子は奥の後苑(フウォン)を愛していた

純祖と純元王后の息子

名君と呼ばれた22代王・正祖(チョンジョ)が1800年に世を去ると、息子の純祖(スンジョ)が10歳で23代王に即位した。

彼の正室が純元(スヌォン)王后である。この女性は大変な活動家で、純祖の性格がおとなしいことを利用して、自分の実家の一族である安東金氏(アンドンキムシ)をどんどん重職につけた。




こうして安東金氏が朝鮮王朝の政治を牛耳るようになると、純祖もようやく妻の実家を牽制するようになり、具体的な行動に出た。それは10歳だった息子の孝明世子の正室に豊壌趙氏(プンヤンチョシ)の一族の娘を迎えることだった。つまり、豊壌趙氏を重用して安東金氏に対抗させようとしたのだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る