『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

23代王・純祖(スンジョ)の長男として1809年に生まれた孝明世子(ヒョミョンセジャ)。ドラマ『雲が描いた月明かり』ではイ・ヨンという名で登場している。早世した彼の最期の日々を追ってみよう。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

将来の名君を予感させたが……

若くして頭脳明晰な賢人としての才能を発揮した孝明世子は、18歳だった1827年から父の純祖に代わって代理聴政(テリチョンジョン)を行なった。これは、摂政として政治の指導者になったことを意味している。
巧みな人事活用、庶民のための刑罰改善、宮中行事の整備などで成果を発揮した若き世子は、順調に代理聴政をこなして将来の名君を予感させたのだが、突然の病魔に襲われてしまった。
それは、1830年の閏4月22日のことだった。
孝明世子は喀血して病床に伏すことになってしまった。




症状に合うように調合された漢方薬が次々に処方されて、孝明世子は安静を保った。
4月27日になると、純祖は金祖淳(キム・ジョスン)と趙萬永(チョ・マニョン)を呼びつけた。金祖淳は純祖の岳父であり、趙萬永は孝明世子の岳父である。
なぜ純祖がこの2人を呼んだのか。
その理由は謎なのだが、孝明世子の病状を心配した純祖が、政治の影響力が強い2人に現状を認識させる必要を感じていたのかもしれない。(ページ2に続く)

これから『雲が描いた月明り』を見る人のための歴史ガイド!

https://goo.gl/XqTYnY

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!

https://goo.gl/DjNUkJ

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

https://goo.gl/HsWNJu

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る