除隊したチ・チャンウクの復帰作は何になるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

陸軍の現役兵として軍事境界線に近い最前線の部隊で軍務に就いていたチ・チャンウクが、4月27日に除隊した。今後は芸能界に復帰して、さらに俳優として成長した姿を大いに見せてくれる。




16日間の短縮

4月27日の午前にチ・チャンウクが除隊した。
多くのファンが彼の除隊を出迎えたが、歓声を受けたチ・チャンウクは、「まだ実感が沸きません」「さらに良い作品でご挨拶したいです」と語った。
もともと、チ・チャンウクは2017年8月14日に兵役をスタートさせた。
新兵訓練を終えた彼は、軍事境界線に近い鉄原(チョロン)に駐屯している白骨部隊でずっと軍務を続けてきた。
当初はチ・チャンウクの除隊日は2019年5月13日だった。なにしろ、彼が兵役に入った当時は、兵役期間が21カ月だったのだ。
しかし、2018年10月から陸軍の現役兵の兵役期間が18カ月に短縮されることになった。
とはいえ、それが完全に実施されるのは2020年6月15日以降に兵役に入った人たちからだ。




それ以前の人たちは兵役開始日に応じて段階的に兵役期間が短縮される。
こうした兵役期間の変更によって、チ・チャンウクは当初の予定より兵役期間が16日短くなり、4月27日に除隊となった。
最近は芸能界に戻ってきた人がすぐに復帰作に出演している。それは、兵役期間の終盤に早くも復帰作を決めている場合が多いからだ。
(ページ2に続く)

チ・チャンウクの除隊が当初より16日間早くなった!

兵長となったチ・チャンウクは残りの兵役期間をどう過ごすのか

チ・チャンウクが兵役で配属された鉄原(チョロン)とは?

チ・チャンウクの兵役は第3師団の新兵教育隊で始まった

思い出のチ・チャンウク!成長途上で見せた最高の笑顔

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る