チ・チャンウクの除隊が当初より16日間早くなった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役に入っていたチ・チャンウクが4月27日に除隊となることが所属事務所から発表された。2018年10月から実施されている兵役期間の短縮のおかげで、当初の予定より除隊が早くなっている。




兵役期間短縮の恩恵

チ・チャンウクは2017年8月14日に兵役をスタートさせた。
新兵訓練を終えた彼は、軍事境界線に近い鉄原(チョロン)に駐屯している白骨部隊でずっと軍務を続けてきた。
ここは韓国の最北部で冬の寒さが厳しいところだ。そんな厳寒地でチ・チャンウクは2回の冬を越えて、ようやく春を迎えた。
そして、4月27日に無事に除隊の運びとなった。
実は、当初は2019年5月13日が除隊日だった。
しかし、現在は兵役期間短縮の過渡期になっていて、入隊日に応じて除隊が少しずつ早くなっている。
チャン・グンソクの場合は短縮日数が16日だった。




それによって、2019年4月27日の除隊となったのだ。
16日とはいえ、当初の予定より除隊が早くなったのは良かった。復帰後のチ・チャンウクの活躍が楽しみだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

今年(2019年)兵役が終わる主な芸能人/除隊日はいつ?

兵長となったチ・チャンウクは残りの兵役期間をどう過ごすのか

チ・チャンウクが兵役で配属された鉄原(チョロン)とは?

チ・チャンウクの兵役は第3師団の新兵教育隊で始まった

チ・チャンウクが入隊する鉄原の新兵教育隊とは?

思い出のチ・チャンウク!成長途上で見せた最高の笑顔

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る