チ・チャンウクの兵役は第3師団の新兵教育隊で始まった

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優のチ・チャンウクが、8月14日に鉄原(チョロン)にある第3師団の新兵教育隊に入隊した。これから21カ月にわたる彼の兵役がスタートしたのである。

写真はイメージです(韓国陸軍公式サイトより)

写真はイメージです(韓国陸軍公式サイトより)

その名も「白骨部隊」

現役兵として陸軍に入隊した場合、新兵教育を受ける場所は主に2つある。一番多くの新兵が入るのが、韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所だ。
ここは新兵教育専門の施設で、決められたシステムに沿って5週間の新兵訓練が行なわれる。それが終了すると、兵役履行者は他の師団に移っていく。つまり、この施設は最初の5週間だけいるところなのだ。




一方、韓国各地にある師団の新兵教育隊に入るケースもある。すべての師団に新兵教育隊があるわけではないが、およそ22カ所の師団に新兵教育隊が存在する。
今回、チ・チャンウクが入ったのは、第3師団の新兵教育隊だ。鉄原にある第3師団と言えば、別名で「白骨部隊」と呼ばれており、勇猛な兵士が鍛えられる師団として有名である。
何しろ、鉄原は朝鮮戦争のときの激戦地だ。ここは有事の際にソウルを防衛するための大事な拠点となる。そこを防衛している第3師団としても、精鋭の兵士を集める必要があるのだ。それゆえに、第3師団は他の師団と比べても一目置かれている。(ページ2に続く)

チ・チャンウクが入隊する鉄原の新兵教育隊とは?

思い出のチ・チャンウク!成長途上で見せた最高の笑顔

ソ・イングクが受けた兵役判定の「5級」とは何か?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る