韓国メディアは東方神起ユンホの除隊をどう伝えたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月20日の午前に第26師団を除隊した東方神起のユンホ。報道の多さが、彼の大物ぶりを示していた。そうした報道の中から興味高い記事をピックアップしてみよう。

写真はイメージです

写真はイメージです

記者の一言「もっと大きな声で!」

除隊して報道陣の前に姿を見せたユンホは、記者の多さにちょっと驚いた様子だった。発言するときに持たされたマイクの束も非常に大きく、それを持ったまま話すのも大変そうだった。
ユンホが話し始めると、すぐに記者の間から「もっと大きな声で話してください」という声がかかった。
特にユンホの声が小さかったわけではない。記者が多すぎて、中には聞き取りにくい人がいたのだろう。
取材陣もユンホの肉声を聞きもらすまい、と必死である。それほど注目すべき除隊であったのだ。




それでは、各メディアの報道内容を見てみよう。
「ユンホ『軍生活でたくさんのことを学んだ。東方神起が活動する日も遠くない」という大見出しを掲げたのが『アジア経済』だった。
さらに、記事の一部を抜粋する。
「ユンホは『軍生活をしながら、多くのことを学びました。さらに真面目な男になり、良い姿をお見せします』と語った。同時に、『東方神起が活動する日は遠くありません。東方神起はここから始まりです』と付け加えた」(ページ2に続く)

韓国では東方神起ユンホの兵役活動をどう評価した?

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る