『トッケビ』から眠っていたコン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コン・ユの俳優活動を見ていて特に印象的だったのが2016年だ。彼はこの年に映画とドラマで大成功をおさめている。その後はしばらくの休養期に入ったかのようだったが、2019年になって彼は再び目覚めた。

写真=Management SOOP




不思議な受賞コメント

2016年を振り返ってコン・ユはこう語っている。
「『トッケビ』が韓国で放送された年は、出演する作品がすべて成功し、本当に幸福な1年を過ごすことができました」
この言葉には実感がこもっている。
実際、コン・ユが主演した『釜山行き』(邦題は『新感染 ファイナル・エクスプレス』)は2016年7月に韓国で公開されて観客数が1100万人を超える大ヒットとなった(日本では2017年に公開された)。
さらに、2016年12月から翌年1月にかけてtvNで『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』が放送されて、ケーブルチャンネルとしては異例の高視聴率を獲得した。
同じ年に映画とテレビで大成功したコン・ユ。名声は高まる一方だったが、当のコン・ユは決して有頂天にならなかった。それどころか、「悩める世界」に閉じこもってしまったかのようだった。




事実、2017年5月に行なわれた百想芸術大賞でテレビ部門・男性最優秀演技賞に輝いたというのに、コン・ユは不思議な受賞コメントを残している。
「この場に立つのが怖かったのです。いろいろな人生を生きてきましたが、いまは混乱しています」
「私がどこにいて、私が誰なのか、私はいまどこへ行こうとしているのか……」
最高の賞を得て不可解なコメントをするところが、いかにもコン・ユらしい。彼は、常に何かを模索しているのだ。その姿勢が旺盛な探究心を生んでいる。
(ページ2に続く)

コン・ユ主演の『トッケビ』の中に『冬ソナ』と共通する瞬間を見た!

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

コン・ユ主演『トッケビ』の重要な場面を振り返る!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る