コン・ユ主演『トッケビ』の重要な場面を振り返る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』は数々の名場面に彩られているが、今回取り上げたいのは、ウンタク(キム・ゴウン)が乗ったバスの事故をキム・シン(コン・ユ)が予見するシーンである。この場面は、『トッケビ』の中でも非常に印象深いものだった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




未来を変える男

それは、高校3年生のウンタクが大学の面接試験を受ける日だった。
キム・シンがウンタクを見送り、バスに乗ったウンタクが車窓からキム・シンに笑顔を見せる。そのときにキム・シンは未来を垣間見てしまった。それは、バスが大事故に遭うという未来だった。
ひったくり犯が自転車で逃亡する過程で交通事故を起こし、それが連鎖反応となって大事故に発展。バスの乗客の多くが死んでしまう……。
『トッケビ』というドラマには、映像的に美しい色彩やファンタジーな部分が満載だが、同時に悲惨な場面も登場する。バスの事故のシーンもその一つだ。
キム・シンは、何としてもウンタクの命を守らなければならない。そこで、事故の元凶となったひったくり犯を事前に懲らしめて、ウンタクが悲惨な目に遭わないように機転を利かせた。
割を食ったのが死神(イ・ドンウク)である。彼は仲間と一緒に大人数でバス停で待機し、数多く出てしまう死者を迎える準備をしていた。それがすべて徒労となった。




しかし、死神はバスの中にウンタクがいるのを見つけ、キム・シンがウンタクを守るために事故を未然に防いだことを知る。
まさに、キム・シンとウンタクと死神のそれぞれの立場がよくわかるのだが、特に、ウンタクを守り抜こうとするキム・シンの気持ちが鮮烈に伝わってきた。
キム・シンは、胸に剣が刺さったまま900年以上も生きている男である。「トッケビの花嫁」を見つけて剣を抜いてもらえれば、ようやく安住の地に行けるのだが、それは同時にウンタクとの永遠の別れを意味していた。
そのウンタクは、自らキム・シンの剣を抜くという使命を考えて、腕の筋肉を鍛えるトレーニングまで始めてしまう始末だった。それを見たキム・シンの物哀しい顔というのも印象的であった。
(ページ2に続く)

『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る