深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

多くのドラマはまるで消耗品のように放送を終えると忘れられる宿命にあるが、コン・ユが主演した『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』は、放送から時間が経ってもその輝きを失っていない。これほど余韻が残るドラマは滅多にないほどだった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




変わらない印象

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)はこれまでたくさんの韓国ドラマを見てきた。
俳優の話も数多く聞いてきた。
その俳優たちは、演技の世界で役柄を忠実に演じながら、現実の世界に戻ると、人間味あふれる「素の自分」を見せてくれた。
そんな姿を見てきて韓国の俳優に特に感じたのは、「誠実さ」ということだった。自分を飾らず、偽りを述べず、素直に自分の至らなさを吐露する……それこそが好感の持てる「誠実さ」だった。
ペ・ヨンジュンもそうだったし、イ・ビョンホンも同様だったし、ヒョンビンも同じだった。そして、コン・ユもまた、真摯に自分と向き合う人間であった。
その「誠実さ」についてさらに言うと、初めてコン・ユという俳優の存在を知ったときから彼の印象は変わっていない。
始まりは、2003年の『スクリーン』だった。このドラマはキム・テヒが主役デビューした作品としてよく知られるのだが、コン・ユは人のいい青年の役で出ていて、私は彼の演技を初めて見た。




自然体の演技であったが、それゆえに印象が薄かったとも言える。
しかし、誠実な人間を演じさせたら誰をも納得させられる演技力を持っていることをうかがわせた。
その後のコン・ユの活躍は特別に説明するまでもないだろう。
キム・ウンスクという人気脚本家が熱烈に主演を望んだという事実が、コン・ユの魅力を示している。
コン・ユは5年間もオファーを断り続けた。それでもキム・ウンスクは諦めなかった。その熱心さに心を動かされて、コン・ユはようやく『トッケビ』の主演を受け入れた。それによって、あの傑作が世に出たわけである。
(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユが主演した『トッケビ』は現代と過去が交差する珠玉の物語!

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る