『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コン・ユが主演した『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』は、随所に苦悩がにじみ出るドラマだった。その度にコン・ユは一人で立ち尽くしていた。その姿から何が見えていたのか(写真=tvN『トッケビ』公式サイトより)

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




究極の選択

長い年月を超えて展開される『トッケビ』というドラマ。
主人公のキム・シンは常に苦悩の中にいた。
彼は、主君に裏切られて胸に剣を刺したまま900年以上も生き続けていて、「トッケビの花嫁」を見つけて剣を抜いてもらえれば安住の地へ行くことができる……キム・シンはそれを望んでいた。
しかし、「トッケビの花嫁」だったウンタク(キム・ゴウン)を愛してしまった。彼女と一緒に生きていきたいキム・シンは、剣を抜かれることをためらうようになったが、剣をそのままにしておくと逆にウンタクの命が奪われてしまうのだった。
まさに究極の選択である。
抜いてもらうべきか、抜かないでいるべきか。




ドラマは中盤になると、キム・シンの苦悩が随所で描かれる。
それを演じたコン・ユも必然的に、立ち尽くす場面というのが『トッケビ』の中で急に増えた。
(ページ2に続く)

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る