『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』でコン・ユが演じた主人公のキム・シンは、高麗時代の武将で現代まで900年以上も生き続けている男だった。彼は主君に裏切られて、自分も死にかけた。しかし、胸に剣を刺したまま生き続けて、現代までトッケビとしてさまよい続けていた。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




2人の絶妙な演技

キム・シンは「トッケビの花嫁」を見つければ、その彼女に、胸に刺さった剣を抜いてもらい、やすらぎの世界に旅立つことができた。
そして、ついにウンタク(キム・ゴウン)という最適な女性を見つける。しかし、彼女に惹かれていくうちに、心境が徐々に変わっていく。このあたりの変化が、『トッケビ』の抒情的な描写に結びついていた。
さらには、キム・シンとウンタクの前に、イ・ドンウクが扮する死神が現れる。この死神は、生を終えた人を天界へ誘導する仕事をしているのだが、どこかコミカルな面があり、キム・シンとも奇妙な共同生活をするようになった。
この2人……コン・ユとイ・ドンウクが絡む場面が生き生きしていた。
物語は生死を扱ってテーマが重くなりがちなのだが、コン・ユとイ・ドンウクの絶妙な演技がドラマを重層的に彩っていた。




そのときの演技についてコン・ユもこう振り返る。
「演技をするときには、基本的にはシナリオに忠実に演じるのですが、ときどき僕の中のイタズラ心や子どもっぽい一面が出てしまうときもあります。それは特にイ・ドンウクさんと一緒にいるときに多かったと思います。でも、面白いアドリブがよく出ても、ストーリーの本筋から大きくそれてしまわないように努力しました」
(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る