コン・ユ主演の『トッケビ』の中に『冬ソナ』と共通する瞬間を見た!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の中で、急にキム・シン(コン・ユ)のもとを離れたウンタク(キム・ゴウン)がスキー場でアルバイトをする場面がある。そのロケ地が、平昌(ピョンチャン)オリンピックのアルペンスキー競技会場でもあった龍平(ヨンピョン)リゾートだ。ここは、『冬のソナタ』のロケ地としても有名だった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




そこは「ドラゴンピーク」!

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は、日本でも韓国でも多くのドラマを見てきたが、一番心に残っているのは『冬のソナタ』だ。このドラマが自分にとってのナンバー1なのだが、『トッケビ』を見ると『冬のソナタ』との共通点を多く感じる。
韓国では『冬のソナタ』が2002年の放送で、『トッケビ』は2016年だ。10数年の時間差があるが、『冬のソナタ』で貫かれた「究極の愛」が描き方を変えて『トッケビ』で再現されたという気がしている。
そうした印象をさらに深めるのが、ロケ地が同じだということだ。両ドラマに共通するロケ地と言えば、韓国を代表するスキー場の龍平リゾートだ。
『冬のソナタ』でも、チュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)が一緒にゴンドラに乗ってスキー場の一番てっぺんに行く場面があった。そこは「ドラゴンピーク」と呼ばれているが、私もかつて頂上からのすばらしい景色を堪能したことがある。
一方の『トッケビ』では、ウンタクが1人でゴンドラに乗って行くと頂上でキム・シンが待っていた、という場面だった。




2人はそこでお互いの愛を確認しあうのだが、『冬のソナタ』でも同じようなシーンがあった。ちょっと比べてみよう。
まずは、『冬のソナタ』の場面から。

ドラゴンピークでユジンは手を合わせてお祈りをしていた。
チュンサンがユジンに「何をお祈りしていたの?」と尋ねる。
ユジンは「あなたと一緒にいられますように……と。あなたは?」
すかさずチュンサンが「僕も同じ」と答える。
笑い合う2人。束の間の幸せを象徴するような場面だった。
(ページ2に続く)

『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演『トッケビ』の重要な場面を振り返る!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る