東方神起ユンホの兵役活動を高く評価する3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役制度に組み込まれて入隊したユンホにとって、この「21カ月」というのはどんな意味があったのだろうか。ここでは、3つの観点から、彼の兵役中の活動について見てみよう。

写真=韓国陸軍公式サイトより

写真=韓国陸軍公式サイトより

韓国における兵役制度

資源がなく内需が小さい韓国にとって、貿易こそが命綱である。特に、財閥企業がこぞって海外に進出し、外貨を獲得することで経済を潤してきた。それが、国民生活の向上につながったことは間違いない。
そんな風に貿易立国をめざす韓国では、人材こそが宝である。
特に、情報通信産業が国の根本を支える現況では、ネットに習熟した若者たちの力が欠かせない。




それなのに現実は、20代の男性を2年近くも社会から隔絶して軍務に就かせなければならない。
世界的に先端技術を競い合っている中で、韓国の兵役制度は、人材を経済活動で生かせないというジレンマを抱えている。
しかし、兵役をなくすことはできない。
北朝鮮と激しく対峙しているかぎりは、国防意識を高めるためにも兵役が絶対に必要と考える人が多いからだ。その義務を負わされるのが、結局は、有能な20代の男性なのであるが……。(ページ2に続く)

除隊前の1カ月をどう過ごすのか

兵役の基本!ファンもぜひ知っておこう

ソ・イングクの兵役の中身が変わる可能性は?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る