東方神起ユンホがリーダーの『Dunia』制作発表会!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年5月24日、ソウルのサンアムドンのMBCゴールデンマウスホールで『Dunia』の制作発表会が行なわれた。和やかに進められた発表会の様子をリポートしよう。

新しいプログラム

会場の前には、出演者たちのファンから送られた大小様々な米花輪が飾られていた。それぞれに応援の気持ちを込めた言葉が添えられていて、それは韓国語だけでなく、特にユンホは日本語のメッセージも多かった。
スタッフの方は「大体50個くらいあります。この後、飾られた米は必要としている方々に寄付されますので、とても意義ある物です」と説明してくださった。




米花輪は、ファンの応援したい気持ちが形になり、さらに社会に良い影響を与える素晴らしい方法だ。
さて、このタイトルの『Dunia』だが、スワヒリ語の「地区」を表す言葉だそうだ。モバイルゲームの『野生の地、ドゥランゴ』をモチーフにして作られたと言い、既成の番組とは全く違う新しいプログラムだとして、MBCで特に力を入れている。
ユンホはリーダーの役だった。配付されたフライヤーのユンホの写真には「俺たちはひとつだ。お互い信じよう!」「放棄を知らない情熱のリーダー」という文が添えられていた。(ページ2に続く)

東方神起ユンホ!『メロホリック』の制作発表会で満面の笑み

斬新な試みの『メロホリック』は東方神起ユンホの復帰作にピッタリ!

東方神起ユンホは「人の心を読める超能力者」をどう演じるのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る