BTS(防弾少年団)のビルボード3連続1位の快挙を韓国メディアはどう伝えた?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

三度目となっても興奮はおさまらない。「ビルボード200」で3回目の1位を獲得したBTS(防弾少年団)の快挙に対し、普段は固い政治ニュースを優先させている一般紙までもが大々的に報道している。




グラミー賞の可能性が高まった?

これまでにビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で二度の1位を獲得しているBTSが、ニューアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」で三度目の1位になることが確定した。
このニュースに韓国ではホルテージが高まった。
韓国を代表する通信社の「聯合ニュース」は、BTSの快挙を紹介する記事で音楽評論家の「グラミー賞など世界的な音楽賞を受賞する可能性が高まった」という発言を引用しながら、爆発的な人気は今後も続くだろうと予測している。
また、韓国の大手紙「中央日報」は、「BTSがポップスの本場であるアメリカとイギリスを席巻している」という記事を載せた。




この記事の中では大学教授の「今までのようにパワフルでエネルギッシュな既存の曲と比べ、新しいアルバムは現在流行しているソフトなポップスの文法に沿っている」という分析を載せて、BTSの進化を強調していた。
韓国のメディアでは、最近の芸能欄は芸能界の不祥事を伝える記事が多かっただけに、今回のBTSの快挙にメディアがこぞって沸いている。

文=「ロコレ」編集部

ビルボード3連続1位!寛容な世界を表現するBTS(防弾少年団)の真骨頂とは?

世界で起こる騒動がBTS(防弾少年団)の人気を証明!

BTS(防弾少年団)の今後を左右する兵役免除制度はどうなる?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

ビルボードが高く評価した防弾少年団(BTS)の音楽性!

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る