ビルボード3連続1位!寛容な世界を表現するBTS(防弾少年団)の真骨頂とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」(4月27日付)で、BTS(防弾少年団)のニューアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」が初登場1位を記録するという。すでに「ビルボード200」で二度の1位を獲得しているBTS。今回で三度目の頂上を極めることになる。




価値観の橋渡し

最新アルバムのタイトル曲となっている「Boy with Luv」は、スポティファイ(音楽配信サービス大手)のチャート「グローバルトップ200」で3位になった。この数字も彼らのアメリカでの人気を裏付けるものだ。
世界でブームを起こしているBTSは、4月13日にアメリカの人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演して喝采を浴びている。
彼らの勢いは止まることを知らず、さらに幅広いファンを取り込んで強烈な存在感を見せている。果たして、「ビルボード200」でアルバム3作連続で全米1位を獲得できる原動力はどこにあるのか。
様々な分析が韓国でもなされているが、理由の一つとして挙げられるのは、彼らの音楽が「寛容な世界」に貫かれていること。
急激なネット社会の到来で世界はフラット化してきたが、その反動で不寛容な個人主義が台頭したのも事実だ。




それが世界各地で社会の混迷をもたらしている。
その一方で、BTSが表現する世界は、人々を分断する壁を築こうとするものではなく、価値観の裂け目に橋を渡そうとするものだ、とも言える。
(ページ2に続く)

世界で起こる騒動がBTS(防弾少年団)の人気を証明!

BTS(防弾少年団)の今後を左右する兵役免除制度はどうなる?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

ビルボードが高く評価した防弾少年団(BTS)の音楽性!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る