兵役で海兵隊に入隊したSHINeeミンホの今後はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

SHINeeのミンホが2019年4月15日に兵役に入った。彼は海兵隊に志願して合格しているので、浦項(ポハン)にある海兵隊の訓練所に入所して、今後は厳しい訓練に取り組んでいく。

写真=韓国海兵隊公式サイトより




新兵訓練は7週間

海兵隊は韓国の軍隊の中で訓練が一番厳しいことでよく知られている。
このように厳しい訓練をずっと続けられるのは、兵役とはいえ海兵隊の隊員がすべて体力自慢の志願兵だからだ。
つまり、体力試験に合格した人だけが揃っている。それゆえに、体力的に厳しい訓練を課せるのだ。
SHINeeのミンホも選抜試験に合格したので体力は折り紙つきだ。
しかし、ケガだけには気をつけなければならない。
それでは、新兵訓練ではどんなことをするのだろうか。
陸軍の新兵訓練は期間が5週間だが、海兵隊は7週間もある。
最初は制式訓練(軍人としての敬礼や歩行を身につけるための訓練)を受ける。




それから応用訓練に移り、「水陸両用車に乗る訓練」「ゴムボートで上陸する訓練」「パラシュートで地上に下りる訓練」「ロープを使って絶壁を降下する訓練」などに取り組む。
いずれも相当に体力を消耗する。しかし、この訓練を乗り切ると、自分に自信が持てて誇らしい気持ちになれる。
(ページ2に続く)

SHINeeのミンホが入隊した海兵隊の「恐怖の訓練」とは?

超解説!海兵隊とは何か?

兵役で行く海兵隊の訓練はどれほど厳しいのか

海兵隊の兵役期間は最終的に18カ月に短縮される

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る