兵役で行く海兵隊の訓練はどれほど厳しいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の軍隊の中で、訓練が一番厳しいと言われているのが海兵隊だ。訓練中に故障者が続出すると言われている。果たして、その訓練とは具体的に何をするのだろうか。

写真=韓国海兵隊公式サイトより




新兵訓練は7週間

兵役で海兵隊に入った場合、最初に浦項(ポハン)にある訓練所で新兵訓練を受けることになっている。
ちなみに、陸軍の新兵訓練は5週間だが、海兵隊は7週間だ。それだけ長く厳しい訓練になる。
それでは、海兵隊ではどんな訓練をするのだろうか。具体的に見ていこう。
まずは「上陸訓練」だ。
これは、砂浜にからだを伏せたのちに立ち上がって前進する、という一連の動作を繰り返す訓練。体力をとても消耗するので、新兵たちはフラフラになる。
同時に行なわれるのが「ゴムボート訓練」。
水陸両用車で上陸できない地形に備えて、ゴムボートで上陸することをめざした訓練になる。ゴムボートの重量は100キログラムを超えるが、それを新兵たちは持ち上げながら動かなければならない。これも辛い訓練だ。
「射撃訓練」は陸軍の兵士と同じ訓練になるが、海兵隊ならではの訓練が「パラシュート訓練」と「降下訓練」だ。




「パラシュート訓練」は、地上7階に相当する鉄塔の上からロープを伝わる形で降下する訓練。そして、「降下訓練」は、岩壁の上から何十メートルも下の地面に降りることを想定し、ロープ1本を支えにして岩壁を降りていく訓練である。90度の絶壁を降りることも想定されているので、自分の両足で踏ん張りながらロープを使って降りた後は、体力を極限まで酷使した状態になる。
(ページ2に続く)

超解説!海兵隊とは何か?

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(後編)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る