超解説!海兵隊とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の軍隊の中で訓練が一番厳しいことでよく知られているのが海兵隊です。この海兵隊は同じ兵役でも志願して入隊してくるのですが、具体的に海兵隊はどんな軍隊なのでしょうか。Q&A方式でわかりやすく解説します。

写真=韓国海兵隊公式サイトより




海兵隊は志願制

〔質問1〕
海兵隊とはどんな軍隊なのですか?
〔回答1〕
先兵として海上から敵地に真っ先に上陸して、その後に続く自軍のための拠点を確保するのが、海兵隊の一番の役目です。
1944年のノルマンディー上陸作戦や1950年の仁川(インチョン)上陸作戦などが海兵隊の輝かしい成功例として有名です。
ただし、待ち構える敵軍から激しい攻撃を受けますので、犠牲も多くならざるをえません。そういう意味では、過酷な任務に就く軍隊と言えます。
〔質問2〕
韓国の兵役で海兵隊に行く場合もあるのですか?
〔回答2〕
韓国の兵役では陸軍の現役兵になる人が圧倒的に多いのですが、海兵隊に行く人もいます。ただし、海兵隊は志願制を採用しており、選抜試験に合格しなければ海兵隊には行けません。この選抜試験では体力が重要な合格基準になっています。つまり、兵役予定者の中でも体力自慢の人でないと、なかなか海兵隊に行けないということです。
なぜ体力が重要かというと、海兵隊は韓国の軍隊の中で、訓練が一番厳しいと言われています。海兵隊の隊員は体力的に限界を超えるほどの鍛錬と辛抱を強いられるのです。それゆえに、誰でも入隊できるというわけではありません。




〔質問3〕
そんなに厳しい海兵隊になぜわざわざ志願する人がいるのですか?
〔回答3〕
韓国では海兵隊に志願する人がとても多いのです。そのために、希望通り海兵隊に入れない人が続出します。
なぜ、韓国の若者は海兵隊をめざすのでしょうか。海兵隊の隊員は韓国で「男の中の男」と言われており、海兵隊の軍務をやり遂げると社会に戻った後でも一目置かれる存在になります。つまり、同じ軍隊でも、経験することで箔が付くのが海兵隊なのです。それゆえ、体力がある人たちが自分のキャリアアップのためによく海兵隊をめざします。
(ページ2に続く)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(後編)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る